The Learning Dead ~ TOEIC講師が教える【ゾンビの世界で生きていく英語】

170207zombie

TOEIC講師、ゾンビドラマにハマる

THE WALKING DEAD

遅ればせながら、見始めました。ゾンビドラマです。

人気もあるし、それなりに面白いだろうなとは思っていました。ある日友人の勧めもあり、パソコンのバックグラウンドで『とりあえず』流してみることに。

すると仕事そっちのけの状態で第一話を視聴。そして週末の間にシリーズ1を完全制覇。

予想はしていたが・・・

まあ予想できる展開ではあります。ホラー特有の不意打ちもありますし、グロテスクな落ちも満載です。

ゾンビ自体はゲームで親しんできましたが、ドラマや映画でそこまで入れ込んで鑑賞したことはないです。
またグロ関係は個人的には物凄い嫌悪感はないかわりに、そんなに見たいと思うものでもないです。

それに、6年前の作品で今さらネタバレもないと思いますが、シリーズ1の最終回で研究所がタイマーで爆発する場面があるんですが、見終わったあとに「・・・でしょうね」と言葉がごくごく自然に出てくるぐらい、本当によくある展開です。

自分ならどうする!?

ただ、あまりにですね、第一話が秀逸すぎました。

出くわす→戦う→グロ発生→逃げる。

基本的なストーリーラインはこれだけです。しかしサイドストーリーに気持ちを持って行かれました。

ただのゾンビのドラマなんですよ。本当にただの架空世界。

でも自分だったらその世界でどう振る舞うだろうかと(割と)真剣に考える場面が何度もあります。特に第一話では終わってからしばらくの間、ゾンビ世界に思いを巡らせていました。あの時、同じ状況に立たされたらどう振る舞うだろうか、自分は逃げずに同じようにできただろうか。

そんな世界どこにもないのに。

ゾンビ+TOEIC講師=生き抜くための英語!

ドラマを見ながら同時に、TOEICの講師としてゾンビ世界で生きていくために知っておきたい英語はなんだろうかと考えていました。

この単語や表現を知らないとやっていけない、ゾンビの世界でこそ使いたい表現を身につけたい、そう思いました。

ゾンビの世界で、人間らしさを失わず、なんとしても生き抜くために!(そんな世界ないよ!)

ですので、もちろんTOEIC中心のブログではありますが、そんな単語や表現を不定期にご紹介したいと思っています!

参考になる部分がありましたら、応援クリックお願いします!


TOEIC ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA